header

脱毛の種類

  • レーザー脱毛
  • レーザー脱毛とは医療機関で行われている種類になります。 こちらの施術方法は高度な技術を要する為、医師のみしか取り入れることが出来ないので医療機関でしか施術を受けることが出来ません。 レーザーは黒い色に反応するようになっています。 レーザーを肌に照射することで、毛や毛根などの組織に直接ダメージを与え、 毛が作られている核となる毛包を破壊することにより 毛が作り出される機能が停止することで永久的にむだ毛が生えなくなるのです。
  • 電気脱毛
  • 最近ではあまり耳にすることが少ない種類かと思いますが、他の永久脱毛の種類の中で、もっとも歴史のある脱毛の種類といえます。 電気脱毛は一部のサロンなどで施術を受けることができます。 また“ニードル脱毛”“針脱毛”とも言われています。こちらの施術方法は先にあげた2種類の方法とは全く違う施術になります。 方法といたしまして、毛穴一つ一つに電気を通すことで、直接根元を刺激し破壊します。その為すぐに効果が現れるのがこちらの特徴といえます。
  • 光脱毛
  • 主にサロンで行われている種類になります。サロンによっては、“フラッシュ脱毛”“IliL脱毛”とも言われています。 ただ呼び方が違うだけで、種類としては光脱毛と一緒です。こちらの施術方法もレーザーとよく似ているのですが、特徴としてはムダ毛処理にいいとされる光の波長のみを拾う特別なフィルターをかけた光エネルギーによって、毛の再生組織を破壊しています。 光エネルギーはメラニン色素に反応するので、毛の組織以外を傷つけることもないので安全と言われています。また広範囲にわたって皮膚にあてることが出来るので、一度の施術時間が短いのであっとゆう間にお手入れしてもらえるのも特徴の一つですね。

    そもそも脱毛の理由とは・・
    人によってさまざまかと思われます。身だしなみであったり、周りもしているからとか、とにかく気持ち悪いからなど千差万別です。海外では、下の毛も処理している国は多く、日本でも最近では男性の脱毛が仏になってきているようです。 例えですが、男性が、髭を生やしたままで、頭はセットもせずにグシャグシャ状態で、汚なくて汗くさい人のイメージなんて嫌な人が多いですよね。女性も同じで、既に毛がない人が多いし身だしなみもきちんとしている子が多いからなー。例えば、女性の脇の毛なんて、あまり見ないでしょ。身だしなみから脱毛が生まれたのかなーと。
    簡単に言えば、ムダ毛を放置するのは、身だしなみ違反だと生活習慣の中で常識になっていったように思います。たとえばデートなのに、女性のワキや脚の毛がsのままあったら男性はゲンナリです。毛深さに悩んだり処理を始めるのは異性を意識する年頃になってからですよね。相手に見られることを前提として「身だしなみ」に気をつけるようになります。
    ムダ毛の手入は本当に面倒ですね。そこから脱毛ができたのだなー。
    いやー寒い季節になってきました

    システム保守

    システム保守

    エステホームページ制作

    サロンホームページ制作

    企業ホームページ制作


    Copyright © 2007